宙(そら)から私をよむ~出生天空図から自分らしさを知る〜

宙よみ(西洋占星術ジオセントリック・ヘリオセントリック双方の視点)から【あなた自身を知り、今をクリエイトしていくヒント】をお伝えしています。あと、才野(sa(I)no)の元に降りてくる言葉(天の智慧、女神の声)のシェアもしています~♪

本当の望みに気づき始めた人々(私の周りで起こっていることのシェア)

先週からの流れで、まず

上からメッセージが降ろされ

dowsorayomi.hatenablog.com

準備を整えて、迎えた

射手座満月

dowsorayomi.hatenablog.com

そして海王星の逆行、

dowsorayomi.hatenablog.com

その流れから昨日迎えた夏至、でした。

dowsorayomi.hatenablog.com

 

私個人が今感じている流れを

この上記の宙イベントになぞらえて

シェアしたいと思います。

 

個人は今年「ココロとカラダの休息期」として

捉えているので、

比較的毎日のんびり過ごしています。

 

だから、私的には活動的に

外へ働きかけるようなことはしていないんです。

 

けれど…のんびりまったり、日々を過ごし

私にくつろいでいたことで

不思議といろんなお導きに流れていけて

思う以上に急速に状況が良い方向へと

進んでいる実感があります。

 

 

5月半ばに弟の入院や

dowsorayomi.hatenablog.com

私の風邪などが起こって、

dowsorayomi.hatenablog.com

 

 

「う〜ん…なんとなく6月から何かが始まる、

動くような気がするなぁ…」って思っていたら、

 

6月に入り、急に

年末、遺品整理の際にお世話になったお二人から

連絡をいただくようになりました。

dowsorayomi.hatenablog.com

dowsorayomi.hatenablog.com

 

ご連絡をいただけたきっかけに

遺品整理の時に「捨て切れなかった処分品」を

再度処分することと、

実家の庭の伸びきった草木を

除草していただくことを

お願いすることができました。

 

その際、「他に処分したいもの、ある?」

と聞いたら…

これまでずっと手付かずで

「見て見ぬ振りをしてきた」

昔の牛小屋に残された祖母愛用のトラクターと

祖母の花嫁道具(らしい)ものが

たくさんあるとのことで

その処分もお願いしたいと。

あと、

母屋外にある古いシンクを新しくしたいと。

(田舎のお家にはキッチン以外に

外にも水場があって、

畑から取ってきた土付きの野菜などを

洗ったりするんですよ)

 

早速、お願いしている救世主レオさん

シンクの手配から設置までお願いしてみると…

 

正直、的な判断として

「そこまで使うか使わないかわからないような

シンクにお金をかける必要があるのか?」

と違和感を感じ、レオさんに素直にその感情を

伝えました。

 

レオさんも、そして

私に啓示を伝えてくださった先生

お二人ともとても霊能力の強いお方なので、

 

レオさん曰く

「姫、姫はお母さんの表面上の表情か

読み取っていると思うけれど、

俺はお母さんの中の(魂の)声も

聞こえているから。

お母さんはあのシンクが無くなることを

望んでいるよ。もう見たくないんだって。」

伝えてくださって…

(※レオさんを「姫」と呼んでくださっています💦)

 

レオさんで改めて

この話をディスカッションしました。

 

するとからこれまで聞いたことがなかった

「祖母から言われたキツイ言葉」

「押さえつけられてきた感情」

溢れ出して…

 

「やっと、その素直な感情を

母は自身に赦すことができたんだなぁ…」って

嬉しく感じました✨

 

シンクの話は「呼び水」になりましたね。

そのシンクの片付けに連動して

「祖母の残したものを全て処分する」勢いに

なったようでした。

あとね、シンクはすっごくボロッボロ

だったんですよ。

それが新しくなるって…母自身もリニューアル✨

って感じ、しますよね♪

もしかしたら母の気持ちがそんなカタチで

視覚化されたのかも、ですよね♪

こーいうお金の使い方、素晴らしいです✨

 

 

のように戦後すぐの生まれ(現在74歳)の

方々は

「大人の言うことに歯向かわない」

「大人の言うことが全て正しい」

「嫁いだ先の習わし、義親の言うことは絶対」

的な感覚がとても強いように

私は感じていたのですが

 

…こと、私の父方の祖母は

割と自己主張が強い感情的な方だったので

その義母に対し随分我慢してきた部分が

あるのだと常々感じていました。

 

年末の遺品整理以降、実家に流れるエネルギーが

だいぶ軽くなったおかげもあって

弟の精神状態も落ち着き

穏やかに過ごせてこれていたし

ここにきてまた一歩

実家で重い波動を醸し出していた

祖母の残した遺品を片付けることで

 

の中にこびりついていた重荷が

少しでも軽くなれることも素晴らしいし、

その遺品たちも、この世から無くなる

(処分される)ことで昇華し

元々の持ち主である祖母の元へ向かえるのなら

それが一番いいよね〜(*´ω`*)って思います。

 

この一件で何よりも素晴らしいと感じたのは

が長年押さえつけてきた、

見て見ぬ振りをしてきた感情に向き合い

外へ吐き出すことができた。

そんな自分を赦すことができた」こと。

 

母は74年の人生で、

祖母を介護し見送った後3年を迎え、やっと

その自身の感情に辿り着いたんですよ。

「本当はどう在りたかった」のか

自分の思いに気づけ自己主張ができた…

 

なかなか手放せなかったんです、この思い込みが。

「親族にどう思われるかわからないから」

「生前のおばあちゃんにキツく言われてきたから」

そんなふうに怯え(ていたつもりは本人はないかも、だけど)

なかなか祖母の思い入れの強い遺品には

手が出せなかった…

本当は

「もう見たくない!もう縛られたくない!」

って思っていた…

そんな自分を赦せた

受け容れることができた。

 

年末から徐々に徐々に…玉ねぎの皮を

一枚一枚剥くように

感情のプールに積み重ねてきた蓋を

剥がしていけて、

やっとここまでたどり着けたんだと思います。

<感情のプールとは>

dowsorayomi.hatenablog.com

f:id:dowcorporation2009:20190623164213p:plain

Copyright 2019 dow-corporation. All rights reserved

 

 

これって…この

コントロールを手放し、今、目覚めよ

から

夏至の流れに…則していますよね✨

 

先日のブログのコメント欄に

いつもコメントをくださっている

りんごさんからも

ご自身が今置かれている状況、

そして気づきに関して

コメントをくださいました。

f:id:dowcorporation2009:20190623171312p:plain

(コメント全文が気になる方は、こちらのブログの最下部、コメント欄をご覧くださいね。もしかしたらあなたにも何か感じるキーワードがあるのかもしれないし、ね♪)

 

りんごさんも、また

「ご自身の本当の望み」に

気づき始めていらっしゃるご様子です。

その気づきは

「より幸せになるための気づき

(インスピレーション)」だから✨

今はお辛いかもしれないけれど、大丈夫✨

一歩前に進んでいけるよ✨

 

 

今年の夏は、みんなこんな風に

「ご自身の本当の望みに気づく」ことから

始めていけるよ、きっと(*´ω`*)✨

 

 

※後日談

こんな風に実家のデトックスが進んだら…

我が家に新しい家族(メス猫ちゃん(ФωФ)♪)が

増えました✨

母にとってこれ以上ないくらいの癒しが

増えましたよ✨