宙(そら)から私をよむ~出生天空図から自分らしさを知る〜

宙よみ(西洋占星術ジオセントリック・ヘリオセントリック双方の視点)から【あなた自身を知り、今をクリエイトしていくヒント】をお伝えしています。あと、才野(sa(I)no)の元に降りてくる言葉(天の智慧、女神の声)のシェアもしています~♪

見えない肩書き「ヒーラー」、始めます✨

※今日の内容はそーとー長文です💦先に謝っておきます(;人;)

いつも読んでくださってありがとうございます✨

 

 

先月で占い師を卒業し、

dowsorayomi.hatenablog.com

「ホワイトクロウ(白いカラス)」を目指す、と宣言していました。

dowsorayomi.hatenablog.com

 

その心は(って大喜利??(笑))

 

「ヒーラー」になります、私 (*´ω`*)✨(てか、すでにそうなんだと思う)

 

 

ことの起こりは…実は昨年末向き合っていた

このことから始まっていたようです。

dowsorayomi.hatenablog.com

(この時の私の心情的にも、相当に「孤独感」が伝わってきますね…読んでいて、第3チャクラが重くなってくる…この時の自分を抱きしめて「大丈夫だよぉ( ;∀;)ヽ(*´ω`*)一人じゃないからねぇ✨安心していていいからねぇ✨」っていい子いい子してあげたい✨)

 

 

 

この時に得た気づきから、私は

「改めて人の心に寄り添う在り方に向かう」

と決めて、シフトして、

dowsorayomi.hatenablog.com

これから私は「傾聴」のスキルを上げていこうと思います。

 

このアイデアが降りて来た翌日

啓示を受け取ることになりました…

 

「あなたは、ヒーラーにならなくちゃいけない」

 

この年末年始に実家の遺品整理を

手伝ってくださっていた方から

そう啓示を伝えられました。

dowsorayomi.hatenablog.com

 

その方とその方の先生の

お二人ともとても霊能力の高い方々で

実家にまつわる霊のことなども見てくださり

除霊も実施していただきながら片付けを進めてくださいました。

 

この片付けの最中に1度だけ

が、私たちがお昼休憩している部屋へ

挨拶に顔を出して…ほんの数十秒だけなのですが

交流があったんです。

 

普段、気にしていても

挨拶をすることもない

わざわざドアを開けて挨拶に来て…

てっきり「うるさい!」などと

機嫌悪く当たられるのかと思ったけれど

そうでもなく

穏やかに「どうも」と頭を下げていっただけで

ホッと胸をなで下ろしていたのですが

 

その時、お二人弟の「魂の声」が聞こえていたんだそうです。

 

その弟からのメッセージ

私の魂の声(メッセージ)

伝えていただきました。

 

からは

「姉を救ってほしい、母を助けてほしい」と。

私はもう「占い師としてのステージを終え、新たなステージに上がりなさい、ヒーラーになりなさい」と。

私の魂はその在り方(ヒーラー)を求めていて、

「すでにあなたを待っている人もいるから…できるだけ早く始めて」と。

 

「あなたがいつまでも占いカフェ(今の居心地の良い場所)にいたら

「出て行かなくてはならない状況に追い込まれる、

そうなると姉が悲しむから…姉を救ってほしい」

から頼まれた」…と告げられました。

 

実は、このようなことってこれまでも告げられて来たんですよ、私。

…起業したての頃(10年前)に、

このブログで紹介している「スピリチュアル系の友人(チャネラー)」からも。

dowsorayomi.hatenablog.com

「dowさんはそのうち、私みたいなことをやることになるから」と。

だから、彼女と頻繁に会っていたこの2009〜2010年頃に

今回の方々のように

友人とその師匠さんに東京から実家(愛知)に来ていただいて

 

家やその回り、お墓を除霊してもらったり、

家族(母、弟、その頃はまだ存命だった父方の祖母)の

エネルギー状態などを見てもらったり、

家系図を見ていただいたりしていました。

f:id:dowcorporation2009:20170623114028j:plain

 

この友人と師匠さんも、

今回遺品整理を手伝ってくださったお二人からも

「弟さんは高尚な魂の方だ」

「神様に近い人だ」

「魂がキラキラしている」

言っていただけて…

 

普段、に八つ当たりされたり

大声を上げられて苛立ったりする私

なんだか弟がいろんな人から認められることに

嬉しさを感じられました。

 

「弟さんはあなたの悪いところ(病気や不運)を全部代わりに受けてくれているんだよ」と聞いて…

 

あぁ、確かにそうなのかもしれないなぁ…って

妙に腑に落ちました。

 

 

「…で、ヒーラーって何したらいいの?(^◇^;)

ちなみに、私「傾聴のスキル」をあげようと思っているんだけれど…」

って聞いたら、上(天)と繋がって聞いてくれて

「あ…ウンウン、それいい。やって見て」と。

 

 

今こうしてまとめていたら…まさに年末からの流れで

今ここに辿り着いているなぁって…驚くばかりだけれど、

 

大きなインパクトが起こる時って

やっぱり「必然」なんですね…

あの12月15日、私は「私じゃない力」が働いて

突如「状況が変わった」のは

 

神様がこの魂の望む在り方(ヒーラー)へ

方向を向かわせたかったため、なんだろうなぁって

ぼんやり思います。

 

この日から1ヶ月後の1月14日に

啓示を受けて

「ヒーラーになる」という方向性が定まって、

 

占いカフェを卒業することを決め、

傾聴の勉強を始め、

傾聴ボランティアを実践されている方に話を伺えるように

人づたいにご紹介していただいたりして

 

今(2月1日)に至ります。

 

 

今日のタイトル「見えない肩書き」

これね、私は

「職業:ヒーラー」というよりは

これまで通りに

バリアフリーウエディングサポーター」や

「宙よみ」という肩書きの中に

「ヒーラーという意識」を加えていられたらいいかなぁって

思っているから。

 

てか、きっとすでに

「そんな効果を感じてくださっている方もいらっしゃる」

のかもしれないですよね…

白い車椅子の存在も、

この宙よみの文章も、

皆さんが集まり、繰り返し読んでくださっているのだから…

 

本当にありがとうございます✨

 

 

ヒーリング(癒された感覚)って

受け取った方が決めたらいいこと

私が「癒します」という姿勢になることでは

ないような気がしています。

 

例えば、あるミュージシャンの歌を聴くと

癒されて涙が溢れる、とか

アーティストの描く絵に感銘を受けて

心が晴れやかになる、とか…

 

で、きっと私には

私なりのそんなパワーを

活かす何かがあるのだと思います。

 

世の中にはきっと多くのヒーラーさんが

いろんなお名前で活動していらして

その方達はきっと、ヒーラーになるための

勉強に多くの時間を費やしたり、

資格を取得したりしてらっしゃると思うし、

何よりも「誰かを癒したい」と志してもいらして…

 

その方達を否定しているわけではないんですよ、もちろん。

尊重し、大変素晴らしい在り方だと尊敬します。

 

ただ、私はその方達とは在り方が違うというだけ。

 

私がなぜ「ヒーラーになる必要があったのか」…それは

人を癒していくことで

私自身が癒される必要があるから

なんだそうです。

 

伝えてくださった方曰く

「あなたは真っ黒だよ…私も相当黒いけど、私よりもずっと黒い…」

っておっしゃって、

 

へ!(ʘДʘ)!!!真っ黒ぉ???

f:id:dowcorporation2009:20190130160338j:plain

http://xn--lck2a9j.xyz/archives/434 より画像お借りしました

…そんなに私、性格悪いんか…(やっぱりぃ?って妙に腑に落ちた(笑))

 

言われた当初、瞬間的にショック受けたけど

即座に納得しちゃったんです(笑)

なんというか…「いい人でなくてはならない」という

呪縛から解放された、ような…

 

「そう、真っ黒…だからいいんです

そんな黒いあなただからヒーラーとしていろんな人に寄り添える

あなたはこれから多くの人の心に寄り添って癒していける

そうしていくことであなた自身が癒されて、白くなっていくんです。

これまで占いカフェではあなたの女神は発揮されてこなかった

その真っ黒いものに女神が押さえつけられていて声が出せなかった…

これからあなたが白くなっていくことで

本来のあなたの女神性がどんどん開花されていくから…

 

「あなたは相当に黒いから、あなたのことをダメな人は全然ダメ(受け容れられない、嫌い)だろうねぇ」とも。

 

そうなんだぁ…って。

 

 

これまで私が感じてきた「女神の声」って

私自身の感情的な怒りや

その相手の女神の声(本音)をその人自身が無視したことによる

女神の怒りが共鳴して湧き上がってくるって感じだったけれど、

 

これがまさに「黒いもの」だったんだろうね…

けれど、女神って「荒御魂」ってイメージあるから…私的には「強い言葉」が女神らしいと思っていたのですが…

dowsorayomi.hatenablog.com

----------------------------------------------------------

瀬織津姫瀬織津姫 - Wikipedia

天照大神荒御魂(神の荒々しい側面、新しい事象や物体を生み出すエネルギー)とされることもある(てことは、天照大神女性性?)

----------------------------------------------------------

 

 

この「真っ黒いもの」ってなんだろうなぁって

ずっと考えていたけれど、

これってね、

「心の闇」ってこと、だと思います。

 

私の場合は、

孤独感、

不信感、

…満たされない「私の中の空虚(陰)」

心の中のブラックホール…愛の枯渇感…

そう、これ

f:id:dowcorporation2009:20181125155651p:plain

 

 

 

私、実家の家族の中にいても

多くの仲の良い友人たちに囲まれていても

結婚していて、前の主人に守ってもらっていた時も

 

いつも心の奥底に「孤独感」を感じていました

だからいつも「愛されたくて」いい子でいようと心がけていました、

努力し続けてきました、

いつも「一人で闘って」いました

 

で、それはいつしか他人への不信感にも繋がっていきました

「私しか信用できない」

「私のことなんて、誰も理解できない」

「私のような人生、送ってみなさいよ、あんたなんかに何がわかるの?」

 

…うん、きっとこれが

私の中の「黒いもの」。

(人によってこの現れ方は違うと思う)

 

ここ数年、自分で自分を満たすこと(ご自愛)を

ずっと意識し続けてきたから

やっと少しはこの「孤独感」や「不信感」が

和らいできたんだと思います、

以前よりは。

だから「外で働けるようになった」んだと思う。

 

実家に戻ってしばらくは

気力体力が枯渇して、自分がただ「息を吸うことと吐くこと」しか

できないような時間を過ごしてきていたから、

「人様へ向けて、何かをしていけるようになれるまで、回復した」

んだと思う。

 

だから改めて

「自分と向き合うために」

「自分を癒すために」

 

ヒーラーという在り方で多くの人に出逢っていく事を

私の魂が求めているんだと思います。

 

人様のためにヒーラーになろう」としていないから

あくまで「私を癒すためにヒーラーで在る」と

しているだけだから、

 

とても肩書きとしては名乗れないと思います。

そして、私に関わる人が

私と関わったことで「癒された」と感じられたなら

 

それは私にとっての喜びでもあるし、

それで私も癒される

お互い様、なんだと思います。

 

 

すでに職業としてヒーラーを名乗ってらっしゃる方々にとっては

もしかしたらとても抵抗感のある

私の在り方なのかもしれないけれど

 

これも一つの在り方、だと

傍観、放置していていただけたら幸いです。

 

…ぶっちゃけ、ヒーラーとして

私に何か特別なことができるわけでもないですしね♪

ひとまず「傾聴」を学んでいるけれど、

ここから先も学びや環境など

「出逢うこと」「導かれること」へ

ゆぅるりと流れていった先に

 

きっと「なんとなく、こんな感じかなぁ(*´ω`*)」って

まとまっていけるのだと思うから

 

うん、それでいいと思う。

 

 

ホワイトクロウ(white crow)白いカラス=あり得ないもの

f:id:dowcorporation2009:20190130160608j:plain

https://matome.naver.jp/odai/2141317947429347601/2141317957129454703 より画像お借りしました

dowsorayomi.hatenablog.com

 

そんな「あり得ない在り方」の私

いつか「真っ白い、幸運の印」になれたら

それはそれで素敵ですね♪

blogs.itmedia.co.jp

「ひとりでは生きていけない人間社会において、

自分の評価は他人が決めるもので、自分が決めるものではない

 

blogs.yahoo.co.jp

白いカラスは世界的にも昔から非常に珍しく、

特に日本や中国では神のお使いとして、

古来より神話や伝説の中に数多く語られています。

このような珍鳥が現実に人目に止るところに、その姿を現すということは、

おりからちょうど年末でもあり、たいへん喜ばしく御目出たいことです。

来年は素晴らしい年になることを、神のお使いとして知らせに来たのです。

 

 

ちなみに、私は今回この「人様から与えられた啓示」

とても素直に受け取り、実践しているけれど

もしあなたがそのような啓示を受け取った時に

「え?そんなの私、やだ。なんか違う…私はこうしたい!」という

本音があるのなら、

その啓示は「神様のお試し」

「本当のあなたの望みを確認し、その望みの方向へ向かわせるための

試練、覚悟を決めさせる出来事」だったと受け止めて、

伝えられたその啓示は流してしまっていいんですよ(*´ω`*)

 

何よりも大切なのは「私がどうしたいか?どう在りたいか?」

あなたの人生を創るのはまぎれもない「あなた」ですから✨

 

そして、知っていてくださいね。

その啓示は、その啓示を与えてくれたその人

「あなたへの愛を持って与えてくれた、大切なメッセージ」だということを。

「あなたを助けたい、あなたに幸せになってもらいたい」と思って

伝えてくれたこと、だと言うことを。

 

だからといって、あなたはその愛を受け取らなくてはならないわけではないよ。

あなたの人生はあなたが創造主であることには変わらないから

「受け取っても、いい」し

「受け取らなくても、いい」、

「どっちでも、いい」

あなたは幸せにしかなれないから…って

気持ちに余裕を持っていてね(*´ω`*)✨

 

そう、幸せの在り方っていっぱいあるんだよ

可能性は無限大なんだよね、きっと✨

 

だから選んだらいいんだよ✨

 

この方も同じ感覚をブログに書いてらしたので

ご紹介しておきますね♪

この方の方がわかりやすく入ってくるかもしれないからね(*´ω`*)

ameblo.jp