宙(そら)から私をよむ~出生天空図から自分らしさを知る〜

宙よみ(西洋占星術ジオセントリック・ヘリオセントリック双方視点のリーディング)と、タロット・オラクルカードリーディングから【あなた自身を知り、今をクリエイトしていくヒント】のシェアと才野(sa(I)no)の元に降りてくる言葉(天の智慧、女神の声)のシェアをしています♪

感覚で捉える?分析して研究する?(占星術の捉え方2)

さっきUPしたこちら

dowsorayomi.hatenablog.com

これUPした後、私の好きな占星術師の

minako☆さんのこのブログ読んで、

ameblo.jp

あーーーーー、そうそう♪ って気づきがあったので

ちょこっと書きます~(*´ω`*)

 

 

占星術ってホント、読む人(占星術師)によって

全然違う表現だったりしますよね。

さらにタイプを分けるとするなら

 

占星術を学術的に調べたり、分析したり、研究したりして

カッチリとした答えを導こうとしている人(分析・研究型)

 

と、

 

●感性で読み取る人(感受型)

(天体をチャネリングしたり、

天体の要素を解釈して上から降ろす感じ)

 

の2パターンがあると思うんです。

(※これはざっくり2パターンって感じで、さらに細分化もされると思うし、ミックスな方もいらっしゃる。それぞれの配合割合の違いが占星術表現の個性になっているのかも~)

 

私はどちらかというと【感性で捉えるタイプ】です。

けど、どっぷりチャネリングができるわけではないので

天体の要素を解釈して、そのイメージから

キーワードを繋げていく表現を上から降りるに任させてるって

感じで書いています。

 

ホロスコープ(ネイタルチャート)に基づいて

私の傾向を表現するとしたら、

 

10天体のうち4天体が天秤座(公正、バランスを取ることを重点に置く)、

金星が乙女座(分析、整理整頓するのが好き)、

水星が蠍座(追求、探求する思考意識)、

 

あと、天秤座4天体の中には

火星と天王星がゆるくコンジャンクションしてて

(ネットなどで情報発信する)とか、

 

さらに土星が双子座(言語表現を努力する)の課題。

感じですかねぇ~(´_ゝ`)

  

一概に【男性がこちらの傾向】とかの括りは感じなくって

あ、でも

「男性性を強く活かしている人=分析・研究型」

「女性性を強く活かしている人=感受型」かも

(それぞれの性質的に)

 

占星術をこれから学ばれる方も、

できたら両タイプの先生にご縁があるといいですよね(*´ω`*)

私が最初に教えてもらった先生は男性で「感受型」な感覚の方で、

次に教えてもらった先生は男性で「分析・研究型」な感覚の方だなぁと

私は思っておりました。

 

基礎をしっかり身に付けたいなら「分析・研究型」な先生の方が

こちらの質問にも(自身が常々勉強・研究しているから)

確固たる答えをくださるので、

安心感があっていいなぁって思う、かな。

(もちろん、感受型の先生も基礎をしっかり教えてくださいましたよ✨というか、感受型の先生は柔軟性があって、そこが魅力だと思いました)

 

これもまた、「どっちでもいい~✨」てか

「どちらも素晴らしい~✨」ってことですよねぇ(*´ω`*)

 

占いに興味があって、楽しむなら

自身が受け取りやすい人の

お話しを聴きたいですよねぇ~(*´ω`*)♡