宙(そら)から私をよむ~出生天空図から自分らしさを知る〜

宙よみ(西洋占星術ジオセントリック・ヘリオセントリック双方の視点)から【あなた自身を知り、今をクリエイトしていくヒント】をお伝えしています。あと、才野(sa(I)no)の元に降りてくる言葉(天の智慧、女神の声)のシェアもしています~♪

【実感】男性の中の女性性、男性性の目覚めを感じます

最近、私の周りの男性に

目覚めた感覚の方が増えてきたように思います。

 

ここ数年はね、女性が先行して

自身の中の女性性の開花(女神への目覚め)が

促進されていました。

それが2014〜2016年頃ピークだった

「子宮系女子」と呼ばれる方々のご活躍と

その影響(私もその頃彼女達に影響受けた一人です)。

 

どうしてもね、女性の方が目覚めやすかったはずなんですよ…

だって、宇宙の流れって「感受する(女性性)」ことから

始まるんですもの。

 

女性性を開かせるのは、やはり女性の方が

気づきやすいはずですしね。

(男性でこの頃、心を病まれるご経験をされたりしていたら、それはもしかしたら

ご自身の中の女性性が反応していたのかもしれませんよね)

 

それが…今年の夏の火星の最接近くらいから、かなぁ…

(私的に金星は女性性、火星は男性性と感じているので…なんとなく、そう思う)

 

男性の中の女性性、男性性の目覚めを感じますね…

 

 

先日、お客様でご夫妻でいらした方なのですが

ご主人が「女性性、男性性、からの女神や感受性など」のワードに

今、とてもフォーカスされてらっしゃるとのことで

 

私とのセッション中盤あたりから

ご自身から「これ、妻にも言ったことのない本音なのですが…」

隣にお座りになってる奥様にも話したことのない

ご自身が今捉えている「女性性的な、宇宙真理感覚」のお話を

打ち明けてくださって…

 

私も私なりの知識や情報をお伝えしていったら

「…先生、すごいわ!神がかってる!そうそうそうそう!そうなんだよね!」って

とても共感されて…

 

その後もお悩みへのフォーカスというよりは

そのような「宇宙の真理」の話で盛り上がりました。

 

 

私がよく拝見しているライカイアマーサさんのブログも

マーサさんご自身がかなり開かれてるから、

マーサさんの周りに集られる方(ワークを受けられる方)は

かなり開花し始めている方が多い印象を受けます。

(ここで紹介している動画の男性なんて、まさにそう!)

dowsorayomi.hatenablog.com

 

元々、気になる彼も感受性の高い男性だし、

彼からご紹介していただいた方々も同様に

女性性を意識し、男性性へも活かしていらっしゃる

目覚めた印象の方々が多いから…

 

女性も、男性も

いわゆる「自身の中の男性性女性性和合」を叶え、

次のステップとなる

「目覚めた男性(主人)と目覚めた女性(女神)の和合

共同創造へと

歩みを進めていく時期がきたのかなぁ…って

漠然とそう、感じますね。

 

…って思うと、やっぱり

この蠍座木星期ってそんな

男女各々の目覚めへ向かうための「自己追求」ってことも

重要なテーマだったように思いますね…

 

 

そう、これは先日のブログの追記ですが、

dowsorayomi.hatenablog.com

感じ方や活動がね「アジア中心」だと

男性性・女性性の和合を「それぞれの龍(青龍(天龍とのことなら女性性、かな)・白龍(地龍とのことだから男性性、かな))」とし、

和合した1つを「鳳凰」と感じるのではないか、と思うんです。

 

で、男性性を「獅子」

女性性を「龍」

和合した1つを「不死鳥」と感じる人は

活動の範囲が「海外まで拡がる」…のかもしれません。

 

 

これね、

日本という国は「女性性」って印象を感じるから

こんな「宇宙真理への目覚め(スピリチュアルな感性で社会を生きていく※)

って、「世界の中でも日本が最初」になると思っています、私。

(相手への思いやりから「おもてなし」とかね。見えることよりも見えない「精神的な気遣い」に重きを置いている文化のような気がします)

 

これもなんとなく、なのですが

日本(二本)…2って女性性を表す数字、でしたよね。

dowsorayomi.hatenablog.com

この二本って…二匹の龍のこと、だったのかもしれません(降りてきた)

 

あとね、諸外国って宗教の祖が「人物」であることが多いようですが、

日本は元々神道で、祀るのは「自然神」なんですよね。

(神話に出てくる神様は悟りを得た人ではなく、神ですしね)

それし、日本って「宗教に思い入れが薄い」って感じもあるし。

 

今後、宗教ってこと自体が「枠を外していく」…

宗教(教祖へのリスペクト)というよりは

自分の神(自神)を立てる意識が広まっていく…

これって、「戦争のタネが一つなくなる」ことにもなりそうですしね…

 

そんな気がします。

 

そう、だからこのブログでも書いた

男性性・女性性の和合を「それぞれの龍(青龍(天龍とのことなら女性性、かな)・白龍(地龍とのことだから男性性、かな))」とし、

和合した1つを「鳳凰」と感じる

この方々がまず「先陣を切って、導いてくれている」のだと思うし、

 

この感性を外国へ持ち込んでいくのが

男性性を「獅子」

女性性を「龍」

和合した1つを「不死鳥」と感じる人

この方々の活動の在り方へとなっていくのかもしれません。

 

(※私は知識が浅いから、今のところそのような情報が集まっていて、その中で感じる私の私見です。もちろん、バシャールとか、エイブラハムとか…他にも多く外国の方々から広まったスピリチュアルな感覚ってあるけれど…今後その目覚めからの軸となるのが日本…って感じるってなだけなのです。ご了承くださいね♪)

 

 

今日も楽しいお客様がいらっしゃるのかしらぁ〜♪

名古屋伏見の名古屋占いカフェにてお待ちしております〜(*´ω`*)

f:id:dowcorporation2009:20181001141729p:plain

f:id:dowcorporation2009:20181022101109p:plain

f:id:dowcorporation2009:20181028093637p:plain

今日から4連勤〜(*´ω`*)✨楽しむぅ〜♪

f:id:dowcorporation2009:20181001142024p:plain

本日のご予約は直接上記電話番号へご連絡くださいね〜♪