宙(そら)から私をよむ~出生天空図から自分らしさを知る〜

宙よみ(西洋占星術ジオセントリック・ヘリオセントリック双方視点のリーディング)と、タロット・オラクルカードリーディングから【あなた自身を知り、今をクリエイトしていくヒント】のシェアと才野(sa(I)no)の元に降りてくる言葉(天の智慧、女神の声)のシェアをしています♪

表層的な顔と、本当の感情。怒りの奥にある、悲しみ。

占星術「太陽」は「志」とよく表現しますが

「社会に見せる、表向きの顔」のことでもあります。

 

「月」は「感情」や「欲求」。

 

人は人と調和的なコミュニケーションを取る際に

自身の「感情や欲求」をあまり表現しようとは

しないと思います。

 

「嬉しい!」「楽しい!」は表現しても

「悔しい!」「腹立たしい!」「悲しい」は

表現せずに、

 

その場の雰囲気を読んで

そのご自身の中に湧く感情を

押し殺したり

見ないふりをしたり

 

もちろん、それも

自分の為ではなく

「相手を不快にさせたくない」為に

取る行動だと思います。

 

それはそれで社会生活を営む上で

素晴らしい在り方の一つだとも思います。

でも、

 

あなた自身の為に

その感情を「なかったこと」には

しないであげてください。

 

 

ネイタルチャート(出生天空図)をよんだ時に

「太陽(志)」には納得できても

「月(感情、欲求)」には疑問を感じる方も

多くいらっしゃいます。

それは、ご自身の感情を

「よくないもの」

「そうある自分を否定している」

からかも知れません。

 

「社会に見せる表向きの顔」の自分は

ある意味、その人生において

学び、作り上げてきた顔でもあるから

納得がいきやすいけれど、

 

そんな表の顔にこだわりが強ければ強いほど

もしかしたらご自身の

「本当の顔(感情や欲求)」を

心の奥の奥にしまいこんで

しまっているのかも知れません…

(この図の「感情を抑え込む蓋」を度々重ねてしまっているのかも知れません)

f:id:dowcorporation2009:20190623164213p:plain

この「感情の蓋」が重なれば重なるほどに

その感情を彷彿させるような状況が起こると

「怒り」を感じやすくなる…と

私は経験上、感じています。

 

「怒り」とはっきりとした感情でなかったとしても

「心がザワつく、もやもやする」という感覚で

味わうと思います。

 

その「怒り」という感情も、また

人にとっては「よろしくない心理状態」だと

捉える方は多くいらっしゃいますよね?

 

だから「感じなかったことにする」

「見ないふりをする」

そうする為にあえて

「ポジティブな発想に無理やり転換しようとする」

アファメーションを唱えて

バイブレーションを無理やり上げようとする」

 

…それも、ある意味即効性のある

変換方法ではあると思います。

 

ただ、その奥の奥には

昇華されなかった感情という焔(ほのお)は

小さい種火として眠っています…

 

一時的にその「怒りの感情」から

離れたとしても

いつかはその感情を

「感じ直さなくてはならない時」がきます…

 

その感情から学ぶことがあるから

 

そのことがなぜ起こったのか、は

「その学びを得ることで、さらなる

自分の幸せを欲する気づきを得て欲しい」と

願うから…

あなた自神という神様が。

 

そう、神様からのギフト、です。

 

怒りの感情を味わい尽くすと

その奥にあった悲しみの感情に

気づけると思います。

 

「あぁ、私は本当は

こんな風に悲しかったんだ…

そのことに気づいて欲しくて

こんなに怒りが湧き上がってきていたんだ…」

 

どうかご自身の怒りを

悪者にしないであげてください。

どうかその怒りの感情を

味わい切ってみてください。

その奥にある

「小さなあなたの抱える悲しみ」に

触れてあげてください。

その悲しみを

「大人になったあなたが抱きしめて、癒して」

差し上げてください。

 

 

今、私達は乙女座新月からの時間を

過ごしています。

dowsorayomi.hatenablog.com

もしかしたらここのところ

「体調不良だった方」や

「休職を余儀なくされた方」は

この乙女座新月から次の新月(2週間後)または

乙女座満月までの半年間(2020年3月10日)は

ご自身の身体にフォーカスし

回復に勤めたり、意識を変える

(今の体力の自分のままでできる仕事や役割を受け容れる) 

時間として捉えていただくタイミング

なのかもしれません。

 

この新月から具体的に何かを始める方も

多くいらっしゃったと思うけれど、

私のように「回復期間」と捉えてらっしゃる方も

多くいらっしゃると思います。

 

この「スタートのタイミングのずれ」は、きっと

心身の回復がなされているか、否かに

よるものだと思います。

 

スタートが切れないからといって

「悪いわけではない」ですよ♪

「今の自分がどのような状態

(どの地点にいる)のか」に

気づくことから始めたらいいんです(*´ω`*)

 

9月23日には秋分を迎えるでしょ?

これまで送ってきた宇宙的な一年の半年の間、

私達は

「個人の才能を発達させ、完成を目指して」

きたんです。

f:id:dowcorporation2009:20190327105941j:plain

Ⓒ Copyright 2019 dow-corporation INC. All rights reserved

下半期となる秋分以降からその

「完成された個人の能力(=本質)」を活かし

「社会の中で役立てていこうと奮闘し

統合を目指す」んです。

 

今はそんな調整期間、とも言える時間です。

だから乙女座(分析、整理整頓、合理化し、

完成を目指す)意識を

宇宙から感じています。

 

 

あなたの中にある愛しき「感情や欲求」を

改めて気に留めてあげてみてくださいね。

怒りや悲しみと言う感情もまた

あなたの中の素晴らしい宝物であると

感じ、味わってみてくださいね(*´ω`*)✨