宙(そら)から私をよむ~出生天空図から自分らしさを知る〜

宙よみ(西洋占星術ジオセントリック・ヘリオセントリック双方視点のリーディング)と、タロット・オラクルカードリーディングから【あなた自身を知り、今をクリエイトしていくヒント】のシェアと才野(sa(I)no)の元に降りてくる言葉(天の智慧、女神の声)のシェアをしています♪

「人がカルマを返す前に その人の命を取り上げる権利は、 我々にはない」(ブライアン・L・ワイス著:前世療法より抜粋)

f:id:dowcorporation2009:20190513191837j:plain

前世療法―米国精神科医が体験した輪廻転生の神秘 (PHP文庫)

前世療法―米国精神科医が体験した輪廻転生の神秘 (PHP文庫)

 

こちらの本中には

「患者(キャロル)が退行催眠中にマスター

(現在肉体に宿っていない

非常に進化した精霊達)の知識を

チャネリングする」シーンが、

何度か記されています。

 

そのマスター達から伝えられる智慧

とても腑に落ちる内容(宇宙の真理)なので

抜粋し、皆さんとシェアしたいと思いました。

 

これまでのシェアはこちらのカテゴリーから

ご覧ください

dowsorayomi.hatenablog.com

 

 

 

  

昏睡状態の人は…宙ぶらりんの状態にいます。

彼らはまだ、他の次元へ行くための

準備ができていません。

 

…自分でこちらの世界へ行くかどうか、

まだ決めかねているのです。

 

でも自分でしか、これを決めることはできません。

自分はもう、肉体を持った状態で…

学ぶべきことは学んだと思えば…

こちら側に来ることができます。

 

しかし、まだ学ぶ必要があれば、

たとえ戻りたくなくても、

戻って来なければなりません。

 

昏睡状態は、一種の休み時間です。

精神力を休ませる時なのです。

 

 

人がカルマを返す前に

その人の命を取り上げる権利は、

我々にはない。

しかし、我々は、それをやっている。

我々にはその権利はない。

 

人を殺した者は、

たとえ生きながらえたとしても、

それなりの報いを受けるであろう。

 

彼らは死んで次の次元に行き、

そこで苦しむであろう。

彼らは非常に不安な状態に置かれる。

彼らに平安はない。

再びこの世に送り返されると、

その人生は非常に

苦難に満ちたものとなろう。

 

そして、自分が受けた不正を正すために、

傷つけてしまった人々に対して、

償いをしなければならない。

 

彼らは人々の命を奪った。

彼らにはそのようなことをする権利はない。

神のみが彼らを罰することができる。

我々にはできないのだ。

 

彼らは罰せられるであろう。