宙(そら)から私をよむ~出生天空図から自分らしさを知る〜

宙よみ(西洋占星術ジオセントリック・ヘリオセントリック双方の視点)から【あなた自身を知り、今をクリエイトしていくヒント】をお伝えしています。あと、才野(sa(I)no)の元に降りてくる言葉(天の智慧、女神の声)のシェアもしています~♪

「人間はこの三次元の世界にいつやって来て、 いつそこを離れるのか自分で選ぶのだ」(ブライアン・L・ワイス著:前世療法より抜粋)

f:id:dowcorporation2009:20190513191837j:plain

前世療法―米国精神科医が体験した輪廻転生の神秘 (PHP文庫)

前世療法―米国精神科医が体験した輪廻転生の神秘 (PHP文庫)

 

こちらの本中には

「患者(キャロル)が退行催眠中にマスター

(現在肉体に宿っていない

非常に進化した精霊達)の知識を

チャネリングする」シーンが、

何度か記されています。

 

そのマスター達から伝えられる智慧

とても腑に落ちる内容(宇宙の真理)なので

抜粋し、皆さんとシェアしたいと思いました。

 

これまでのシェアはこちらのカテゴリーから

ご覧ください

dowsorayomi.hatenablog.com

 

 

 

  

人間はこの三次元の世界にいつやって来て、

いつそこを離れるのか自分で選ぶのだ。

 

こちらの世界に送られてきた目的を達成した時、

我々は自分でそれを知る。

自分の時間が終わったのを知り、

死を受け入れるのだ。

 

これ以上この人生では

何も得ることができないと知るからだ。

 

まだ時間が残っている時には、

死にかけてもその間に

魂は休息し、エネルギーを再注入されて、再び、

肉体へ戻ってくることもある。

この世に戻ってくるべきかどうか

よくわからない人は、

せっかく与えられたチャンスを

逃すこともあり得る。

 

肉体を持っている間に果たすべき

使命を遂行する機会を失うのである。

 

 

人の道は基本的には誰にとっても同じだ。

人はこの世に生きている間に、

その道を学ばねばならぬ。

ある者は速く、他の者はゆっくりと学ぶ。

 

慈悲、希望、信仰、愛、…

人はこれらすべてを学ばねばならぬ。

一つの希望、一つの信仰、一つの愛というように

切り離されたものではなく、

すべてはつながっているのだ。

 

また、それを実行する方法はいろいろある。

しかし、人はまだ、どれも、

ほんの少ししか知らないのだ……

 

聖職についている人々は、一般の人々よりも

これらのことをよく知っている。

彼らは純潔と従順の宗教生活を送っているからだ。

 

彼らは何の見返りも求めずに、

多くのものを捨てているからだ。

他の者達は、見返りを求め続けているーーー

己れの行動に対する見返りと

正当化を求めているのだ……

我々が望んでいる見返りはあり得ないのに。

 

見返りは行為の中にある。

ただし、何物も期待しない行為……

利己的でない行為の中にだけ、あるのだ。

 

…何事も、夢中になりすぎてはいけない

何事もやりすぎてはいけない……