宙(そら)から私をよむ~出生天空図から自分らしさを知る〜

宙よみ(西洋占星術ジオセントリック・ヘリオセントリック双方視点のリーディング)と、タロット・オラクルカードリーディングから【あなた自身を知り、今をクリエイトしていくヒント】のシェアと才野(sa(I)no)の元に降りてくる言葉(天の智慧、女神の声)のシェアをしています♪

【2019獅子座満月】「社会性」を重んじる?「魂の求めるモノ」を貫く? 心揺さぶられる獅子座の満月

明日21日、14:17頃に獅子座の満月を迎えます。

 

 

ジオセントリックで捉えた宙(そら) 

f:id:dowcorporation2009:20190113172759p:plain



地上から見上げた宙(そら)は、 

 

独特で個性的な相手(パートナー)の能力を

尊重しよう、受け容れようと志し

社会(世の中)で認められるように

思考働かせる

 

個性を尊重するとは

その人の「良いと思われること」も

「良くは見えない、思えないこと」も全て

その人の持つ個性、と受け容れること

 

その全てが「あの人」なのだから

そんなあの人を受け容れたいと

私は望むのだから…

 

相手を尊重するのなら

自分が頭一つ目立つこととは相容れないから、

 

「私の能力を表現したいと求める欲求」とは

相反する…自身の中に矛盾感じる

 

グループの皆の前で自己主張する自分へと

改革進めることにも葛藤する…

感情の荒々しい活動的な変化を感じる

 

実は「自己主張できる自分へ変わろうとする(大ごとのように構える)」と

葛藤を感じモヤモヤイライラすると思うが

「自己主張という行動」がふわっとできてしまえば

それは「天分を感じられる」出来事になる

(天から助けられる、流れを感じる) 

 

それくらい「グループ内で自己主張すること」に

「そんなことはできない」と悩んでしまう傾向がある

(人との摩擦が起こるのではと考えすぎる、

信頼を失うかもしれないと思い込んでいる)

 

自身を見つめ、再考し

これまでとは違う新しい在り方を

始めること(行動すること)で

私の世界は開かれ、運命的な援助を得られる 

 

役割(仕事)においても

ここではないどこかに

新しい私の在り方を探求することが

喜びであり、人生拡大もするが、それは

仲間たちとの一体感味わうことへの憧れとは

葛藤感じる

(仲間との意見の相違や離脱に戸惑う)

 

葛藤を乗り越えるキーワードは

「社会(他人、一般常識など)に認められるよう【徹底する】こと」

 

徹底、とは

All or Nothing(100か、0か)

ある意味極端な判断になる為

自身にとって、

魂にとって、

「本当に大切にしたいこと」を貫く

その勇気を求められている

 

「社会性、協調性」を選びますか?

「魂の求める答え(あの人、在り方)」を

貫きますか?…

 

ここが人生の分かれ道

 

 

 

 

ヘリオセントリックで捉えた宙(そら)

f:id:dowcorporation2009:20190113173116p:plain

 

宇宙(太陽系)全体から感じる宙からは、

 

自身の中に燃え盛る火を見る…

 

私の内にあるイメージを

明確に具現化させていける喜びと、

 

社会的な立場において

何事も最後まで考え抜くことに

熱意燃やすこと、

 

要求に応じ動くこと(役割)において

自分の場所を決め

創造の光を発していくことに

徹底することは、

 

安定的で物質的な循環を産む

 

そのエネルギーは、

共同創造への熱意もたらすことへの

追い風となり、

 

深いやりとりを交わしたい

あの人(人達)との

境界線を溶かすだろう

 

環境(社会)に飲み込まれず

人の反応を気にせずに

自身の熱意を打ち出し続ける

情熱の方向を見失わない

 

それは「ひとり、今在る環境から浮く」こと

でもある

 

「自分の意思を否定し、均等かつ客観的であるべき」としていた意識(ジオ水瓶座)から

「個人としての楽しさ、面白さ、夢を追求する在り方でやる気、元気を再起動する」意識(ヘリオ獅子座)へとシフトする

 

内から外へ

創造の回路(回転、渦)を起動させ

貰い受けるのではなく

「与える側の人」へ…

それは

独自の人生観なのかもしれない

 

やや風当たりが強い人生なのかもしれない

 

感じるヴィジョン

閃くイメージという

抽象的なモノの特徴を

しっかりと理解し、表現し

私らしい視点を楽しむ

 

人生の羅針盤

要求に応じて動くこと(役割)において

自分にふさわしい

自分にしかできないことができる場所へと

向かっている

 

今の私にとって一番フィットする

人、環境、場所、役割

その場で必要とされることを自覚し

全うする

経験を積み重ね

実績という経験値を上げていく

 

実力発揮できると決めたその場所で

自信持って直立できる私を

育んでいく

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前回の山羊座新月は「部分日蝕」でしたが

今回の獅子座満月は「皆既月蝕」。

 

そりゃぁもぉ、連続して

パワフルですね♪

 

満月って半年前に起こった

同じサインの新月からの「実りの時」でも

あるのですが、 

半年前の「獅子座新月」の時も

「部分日蝕」だった…

 

パワフルなスタートを切った

獅子座新月日蝕)の実りを、

この獅子座満月(月蝕)で味わうんです✨

dowsorayomi.hatenablog.com

 

この獅子座新月を迎えていた昨年の夏は

日蝕、月蝕が続く「蝕3連続」で、

dowsorayomi.hatenablog.com

 

さらに火星の影響が盛んで、

dowsorayomi.hatenablog.com

dowsorayomi.hatenablog.com

ブログでも「ミラクル大変容エネルギー」って表現をしていました。

 

「私の魂の本当に望む在り方へ変容する(本来の魂の在り方に戻る)」

そんな気づきを得て、

そして今、実際に動き始める…

そんな半年間だったのではないでしょうか…

(うん、私はまさにそうです)

 

 

前回の山羊座新月同様に

改めて月蝕について確認してみましょうね♪

日蝕、月蝕について> ※宇宙でどのようなことが起こっているかはこちらをご覧くださいね♪

dowsorayomi.hatenablog.com

占星術的には日蝕、月蝕というのは

過去世のご縁が 

今世に注ぎこんでくるポイントと

おっしゃってる占星術師の方もいて

だからこそ、カルマに関わる、とも。

 

確かに、

太陽(父方)の通り道(=黄道)と

月(母方)の通り道(=白道)の交わる点で、

 

ドラゴンヘッドは【未来】を

ドラゴンテイルは【過去】を

示していることでもあるから、そう感じられるんでしょうね。

ん?てことは、ドラゴンテイルに近い時の日蝕月蝕なら過去世

ドラゴンヘッドに近い時の日蝕、月蝕なら未来世のご縁ってことになるんじゃないのか??

 

今回の獅子座満月は、

ドラゴンヘッド」とは少し離れた月蝕(オーブ4°)

なのですが、

「ドラゴンテイル」と水星がめっちゃ近い!(オーブ1°)

 

こちらが今回の獅子座満月(ジオセントリック:ドラゴンヘッド表示)

f:id:dowcorporation2009:20190119210446p:plain


の場所にあるドラゴンテイルと太陽も同様にオーブは4°だけど

この日の水星とはオーブ(度数差)1°の

コンジャンクション(重なっている)となり、

太陽と水星でドラゴンテイルを挟んでいるような感じになっている

(※天体同士のオーブは太陽と水星なら+10°くらいまで許容範囲ですが、感受点であるドラゴンテイルとのオーブはせいぜい3°くらいまで。だけど、今回太陽とドラゴンテイルはオーブ4°、水星にテイルが近い分影響ありそうって思っていいかも!

 

しかも、第8ハウス(パートナーの能力、その力を受け取る)で起こってる!

  

ドラゴンテイルは「過去世の経験」という

意味を持つと言われています。

で、私的に感じているのは…

 

「過去世から引き継ぐ思い込みや考え方の癖

パートナーの能力(個性)から学んで、

または協力を得て、克服していく(カルマの解消)

って感じました…

(これはあくまで私がこのホロスコープから感じた感覚です♪ 悪しからず♪)

 

私がこの獅子座の大きなサイクル(半年間)で感じたパワーは

こんな「相手との過去世からの繋がり」

「自身のカルマを解消することによる変容

本来の魂の求める在り方に立ち返り、実行に移していくこと)」

だと感じています。

 

この分岐点で

これまでの従来通りに

「社会性、協調性」を重んじるか、

または人の輪から浮いて

独自の「魂の求めるモノ」を貫くか、で

この「カルマの解消ができるか、次のタイミングまたは来世に持ち越すか」

…随分変わって来ると思います。

 

どちらが良いか、という話ではなくて

「あなたがどんな人生を選ぶか?」

なだけです。

 

それはどちらを選んだとしても

「幸せである」ことには

何も変わりはないんです。

あなたが選ぶ「幸せの在り方」、ただそれだけだから。

 

随分、話が大きいよね(^◇^;)

書いていて少し焦る(笑)

 

だけど…

この年末年始、ツインレイと呼ばれる(自覚している)お二人は

ご自身達の間に起こった「葛藤」みたいなものが

あったのではないかな?

(私はそうだった)

 

そんな葛藤ってね、

お互いのニーズの相違を目の当たりにしたり

お互いの個性のぶつかり合いだったり

したんじゃないかな?

 

お互いの本音、本心、考え方、捉え方とか

色々ぶつけ合って、話し合って

冷戦期間というか…音信不通というか…

自身の思いや在り方を振り返る

 

そんな期間を味わっている方々が

いらっしゃるんじゃないのかなぁ?

 

きっとね…ツインレイの愛を貫ける人たち

「二人ともヘリオセントリック意識(自身の魂の声に従う)」

でこの世を味わおうとしているんだと感じます。

 

「ジオセントリック意識(周りの人への配慮を重んじる)」が残る二人には

ヘリオのメッセージのような感覚…つまり、

「魂の求めるモノを選ぶ」ことはできない

…怖いから、不安を感じるから…

のかも、しれませんね…。

 

今がその分岐点(ターニングポイント)

どちらを選んでも

あなたは幸せだと、

 

自己責任で、後悔しない選択を

選んでくださいね✨

 

 

…例え違う道を選んでも

ご縁のある人なら

互いの学びを終えた時、また改めて

出逢いなおせますから✨

どうか安心して「あなたの今、選びたい方」を

選んでいてね♪

 

 

 

 

※現在受付中の宙(そら)よみメニューはこちらが窓口です〜♪

dowsorayomi.hatenablog.com