宙(そら)から私をよむ~出生天空図から自分らしさを知る〜

宙よみ(西洋占星術ジオセントリック・ヘリオセントリック双方視点のリーディング)と、タロット・オラクルカードリーディングから【あなた自身を知り、今をクリエイトしていくヒント】のシェアと才野(sa(I)no)の元に降りてくる言葉(天の智慧、女神の声)のシェアをしています♪

より白に近い、青色の炎

…本日の私は

かなり…機嫌が悪いです。

というのも、

今、私の中の女神がそーとーにご立腹でして…

 

その様子を表す言葉が

「白に近い、青色の炎」

と降りてきました。

 

 

愛している、思っていた人に

私は独りよがりな感情を

ただ、受け止めてもらっていた「だけ」だった

 

という、

なんとも悲しい現実を

目の当たりにしたようです…

 

 

次の「蠍座新月」は

蠍座木星期最後の日、11月8日。

この日のメッセージにね、

 

私はすでにこのように降ろしています。

 

 

今受け取る知識や情報を深く追求し、

生きている実感を味わいたいと求め、志す。 

 

気になるあの人と溶け合うような一体感を夢見るも

現実的ではない…今の状況

 

ただ夢を追い、理想に身を委ねたいと求めることは

恋愛(想像=創造)における具体的な在り方を

徹底することで活気づく

 

 

…この、

 

恋愛(想像=創造)における具体的な在り方を

徹底することで活気づく

とは、

「より私の求める在り方に気づき、それを叶えていくよう行動起こす」こと、です。

 

で、私はまさに

それを実行しています。

というか、

実行しはじめてからこの文面を読み返し

「やっぱりな」って

確認しました、今。

 

 

「白に近い、青色の炎」

…炎って赤い炎より青い炎のほうが

より高温なんですよね。

 

青色とは「女性性」を示す

 

神様の女性性って「荒御魂」と呼ばれていて

それは、「荒々しい、変化の激しい、情熱的な」在り方を示していると、感じてします。

 

女神の性質はまさにそれで、

今の私は

私の中の女神の…この感情を

味わいきっている、ようです。

 

ものすごく腹が立っているのですが

…カラダの真から、寒い

 

冷たく熱い、炎

 

 

哀しいけれど、

私の本当に求める在り方が

また明確に気づくことができたので

 

どんなに感情的であっても

…やっぱり感謝しか湧いてこない…

 

 

…私はずいぶん独りよがりで、

ずいぶん情熱的で、

 

 

 

 

 

そして、ずいぶん

愛情が深いんだなぁ…って

改めて思い知りました。