宙(そら)から私をよむ~出生天空図から自分らしさを知る〜

宙よみ(西洋占星術ジオセントリック・ヘリオセントリック双方の視点)から【あなた自身を知り、今をクリエイトしていくヒント】をお伝えしています。あと、才野(sa(I)no)の元に降りてくる言葉(天の智慧、女神の声)のシェアもしています~♪

おばあちゃんの子供がえり

ごめんなさい💦

ホロスコープとかツインレイとかとは

まぁ〜〜〜ったく違うネタですけれど

よかったらお付き合いくださいね✨←ま、いつものこと、よね(^◇^;)

 

 

今、アメブロ(白い車椅子事業のブログ)の

整理をしていました。

(ほら、今って秋分までは「デトックスシフトアップ」な時期だから♪

ぜひ皆さんも秋分(9月23日)まで意識してみてね✨٩( 'ω' )و )

 

そしたら以前私が書いた記事が

なかなかよかったので自画自賛✨( ̄ー ̄ )(笑)

こちらでもシェアさせてください

ameblo.jp

2014年6月に更新したこの頃

まだこちらの祖母が健在で

少しずつ認知症の傾向が出始めてきた頃でした。

f:id:dowcorporation2009:20171024114356j:plain

そのことを母から電話で聞きながら

降りてくるままに私が母に諭した話、です。

 

----------------------------------------------------------

おばあちゃんをはじめとする痴呆症を患う方々は、
天に還る前にどうしても
「自分が幼い頃に味わいたかった【甘えること】」がしたくて、
その症状を患ったのかもしれないよ。

だから、多恵子さん(私の母)はおばあちゃんに対して
「幼い"のよ子ちゃん"」として接して、
おばあちゃんのしたいことを叶えてあげて、
満足させて、安心させてあげてね。
 
きっとねおばあちゃんが満足して、安心しきれたら
心置きなく天に還れるんだと思うよ。
 
今はまだおばあちゃん、ここに心残りなことがたくさんあるんだよ。
親にもっと甘えたかったし、
頑張っていたことを褒めてもらいたかったんだよ。
 
多恵子さんは保母さんだったし、
そのお仕事は多恵子さんにとってまさに天職だったから、
今のおばあちゃんと上手に接してあげられるよね?
 

あと、おばあちゃんとの間に
【嫁として受けた多くの傷】があると思うけど、
それをこの機会に一つずつ赦してあげられるといいなぁ。

きっと赦してあげられないと
多恵子さん自身がおばあちゃんを見送った後に
【もっと感謝できたらよかった】って後悔しかねないよ。
 
無理はしなくていい。
私が今言ったことにモヤモヤザワザワしたと思うから、
その気持ちを感じきっておいてね。
----------------------------------------------------------
続きはこちらから

ameblo.jp

 

今、認知症のご家族と向き合ってらしたり

介護や医療の現場でお勤めの方だったり

…私なりの視点での気づきですが、

 

降りてきたままの言葉で綴っていますから

よかったらこんな視点も一つの捉え方だと

受け取っていただけたら幸いです♪

 

 

私が願うのは、何よりも

認知症を患う方々と向き合うあなたが

少しでも心軽くその方達と接し、

日々を明るく過ごしていけるような

気づきであってほしい」って

そう思っています♪