宙(そら)から私をよむ~出生天空図から自分らしさを知る〜

宙よみ(西洋占星術ジオセントリック・ヘリオセントリック双方の視点)から【あなた自身を知り、今をクリエイトしていくヒント】をお伝えしています。あと、才野(sa(I)no)の元に降りてくる言葉(天の智慧、女神の声)のシェアもしています~♪

火星と男性性(相手を追い込む、自身を追い込む…武力行使から感じること)

今日はちょこーーーっとヘビーな話に

なっちゃうかもです。

苦手な人はスルーしちゃってね♪

(選ぶのはあなたの自由だから✨)

 

 

今、私に縁があったテーマがあって…それをイメージしたら

こんなタイトルになったのですが。

 

 

たまたま今、友人がカンボジアに行っていて

そこから写真を送ってくれたんですね。

 

その建物の写真を見ても

私は知らなくて

ちょっと調べて見たら…

www.tripadvisor.jp

f:id:dowcorporation2009:20180802132428p:plain

 

私は、学生時代

社会科も歴史も苦手だった(興味がなかった)から

全く知らなくて

ポルポト政権」って言葉を聞いたことがあるかなぁ、程度。

 

今回友人がこの場所を訪れ、

「命と向き合ってきた」彼なりに

思い感じてきたようで…。

 

私もこのカンボジアの切ない歴史を知る

いい機会を得られたなぁって

彼に感謝します。

 

 

正直、この場所や歴史についても

私は多くをここで語ったり、

皆さんにお伝えする気はありません。

ぜひご興味がある方は

ご自身で調べて見てくださいね。

 

 

けれど、こうして書いているのはね…

私はこういう切ない現実を知る度に感じることがあって。

 

いつも多くの方は「被害者」にフォーカスが当たり、

心が痛くなったり

悲しい歴史を繰り返さないように祈ったり

(この歴史がまだ30年ほど前という割と最近のことだということもあって)

その記憶を残している被害者の方たちを

想い、癒してあげたいと願っていらっしゃると思うし

 

私も同じように祈り、癒しをお送りしたいと思っている

のですが

 

私が着目するのは

この「ポルポト」という人が

どのような心持ちで

このような大量虐殺を実施してきたのか…

その心理状態の方が…気になるんです。

 

 

以前、いじめによる自殺をした中学生がいました。

その彼のご家族を取材し、一冊の本にまとめられた方と

私は知り合いで

その本の感想をお伝えしたことがあるのですが、

 

この時も

この自死を選んだ中学生を痛み、

ご家族を痛み…

このような悲しみを繰り返して欲しくないと祈り…そして

 

やはりその、中学生をそこまで追い込んだと言われる

加害者の同級生が

「どのような心理状態だったのか」が

気になったんです。

 

 

人は皆、生まれたときは

天使、だったのだと思うのです。

それはご家族にとっての、

その生まれた地域にとっての、

この地球にとっての。

 

けれど、このような悲しい現実が起こる、起こす。

 

人は悪魔として生まれてきているわけでは

ないのです。

ただ、時として

悪魔のような事実を引き起こすような…

「心理状態」に追い込まれることが、あるのかもしれません。

 

そう、悪魔とは「その人そのもの」ではなく

「その人のその時の状態」なのだと

私は思いたいのです。

 

なぜ、その加害者(ポルポト、いじめの首謀者)は

そのように相手を追い込んだのか…

(追い込んだ、殺傷した人の数だとか、その罪の重さの違いだとか…そのようなことは今、題材にはしていません、悪しからず)

 

彼らは

何を恐れていたのか

何を正義だと信じていたのか(勘違いしていたのか)

何を思い

「何を護りたかったのか」…

 

もしかしたら、

ご自身を含む「大切な人」を

護りたかった…のかもなぁって

思うのです。

 

残念ながら、それは「勘違い」なのですが。

 

こんな「大切な人(自分含む)を護りたい」という思いは

男性性由縁の感情なんだと思います。

それが誤った形で力を振るわれた

私はそんな気がしています。

 

 

 

先日、火星の最接近のお話をしましたが、

dowsorayomi.hatenablog.com

 

火星=男性性

 

私の中でそんな「火星=男性性」を思う機会を

得られたのかもなぁ…って思いました。

 

しかも今は火星の逆行中だから

なおのことこのような

「感情が行きすぎる、コントロールできない熱、怒り」などが

起こりやすい時ですしね。

dowsorayomi.hatenablog.com

 

 

ごめんなさい、落とし所のない文章になってしまうけれど

どうか…

人を恨み、罪を許せない、という視点だけでなく

別の視点もあるのかもしれないと…

 

あなたの中の想像力を活かし

あなたがよりご自身の中の赦しの範囲を

拡げられるように

柔らかく捉えられるように

 

そうあることで

あなたが少しでも心穏やかでありますように…

 

そう祈るばかりです。

 

 

 

 

以前書いたこちらの記事も

もしご興味あったら読んで見てください

dowsorayomi.hatenablog.com

dowsorayomi.hatenablog.com