宙(そら)から私をよむ~出生天空図から自分らしさを知るブログ~

宙よみ(西洋占星術ジオセントリック・ヘリオセントリック双方の視点)から【あなた自身を知り、今をクリエイトしていくヒント】をお伝えしています。あと、才野の元に降りてくる言葉(天の智慧?)のシェアもしています~♪

諦めのいい、女

来週、白い車椅子のレンタル用の発送が一件あって

先日その準備をしていたんです。

 

 

これまで当方には合計3台の白い車椅子があって

1台はファーストサンプルで、プレス用として

映画やイベントなどに出展する時にお貸し出ししてきたモノ、

 

 

あと2台はファーストから少し時間空けて製作していただいたモデルで

こちらをお客様の挙式用としてお貸出ししてきました。

 

 

ここ3ヶ月の間に連続して2件、中古車両として

ファーストサンプルモデルと、セカンドモデルが1台

お嫁入りしていったので

…手元に残るは1台…やっぱり、寂しいなぁ。

 

 

そんな最後の1台も…やっぱり可愛くて、とても綺麗なんです。

f:id:dowcorporation2009:20180513143632j:plain

 

 

標準モデルに

オプションを1つづつ付けて行って

…まるで結婚式の衣装を身に纏い、婚礼準備をする花嫁さんを

お支度しているみたいな気分になって…

 

 

準備整った白い車椅子にもたれかけ

少し話しかけていました

(声はかけてないです、心の中での会話です)

 

 

「…私、全てを手放しちゃうのかな…もう、終えちゃうのかな…」

 

「どんな未来を選択してもいいよ、ママが幸せになることが一番だから^^

私はこの世に産まれて、多くのご新婦様のお役にたてられたこと、

笑顔を見れたことがとても幸せだったから、もう十分幸せだから

ママが何を選んでも大丈夫だよ^^ ありがとう^^」

 

 

私…この宙よみやってても

ずっと迷っています。

「今後も白い車椅子の事業を続けていくのか?」を。

 

 

気持ちとしては

「求めてくださるお客様がいる限り、細々とでも続けていこう」と

思っているのですが…

それって、ある意味「積極性はない」んです。

 

 

宙よみ…というか、ここで降りてくる言葉を

綴ることの方が、ものすごく自然で

ずっと続けていけること、でもあるんです。

 

 

収入とかは見ていないですけど。

(それは白い車椅子もそうだけど)

 

 

だから…いつも白い車椅子に話しかけては

こんな風に優しい返事をもらえていることが

ありがたくもあり…

毎回涙が溢れてきます。

 

 

よくここで私のことを

「太陽と月のオポジションで『自己矛盾』がある」

と書いていますが、

 

 

ホント、自分の本心ほど

わからないものはありません。

 

 

意志を突っ走れば

感情や心を置いてけぼりにしてしまいがち。

 

 

だから、

自分の本音に寄り添うことを大切にしていこうと

意識しているんですね。

 

 

『なるようにしかならない』

『神様に委ねる』

『未来を手放す』

 

 

これってある意味

諦めのいい捉え方、なのかもしれません。

 

 

そして、たまに友人に

ドキリとすることを

言ってもらえます。

「才野さん、ご自分に遠慮することないよ。

幸せになって、いいんだからね。」

 

 

 

 

いろんな表現があると思うけど

うん、何よりも

『今の自分に寄り添い、ご機嫌を取っていく』

『くつろぎの場所と安らぎを与えてあげる』

ことで、

 

 

一歩引いて、客観的で落ち着いた視点から

『全てを委ねられる』ように

なれるのかもなぁ…

 

 

 

今日は母の日、でしたね。

白い車椅子から私に伝えられたメッセージは

きっと『子供から母親へ送る、本音の感謝の思い』だと

思います。

 

 

直接お子さんから受け取ることがない親御さんや

私のように子供はいないけど、

何かこれまでクリエイティブにご活躍された方

(自身から産み出した何かがある方)へ

届くメッセージ、なのかもしれませんね(*´ω`*)