宙(そら)から私をよむ~出生天空図から自分らしさを知る〜

宙よみ(西洋占星術ジオセントリック・ヘリオセントリック双方の視点)から【あなた自身を知り、今をクリエイトしていくヒント】をお伝えしています。あと、才野(sa(I)no)の元に降りてくる言葉(天の智慧、女神の声)のシェアもしています~♪

今を生きるという覚悟

ずっと、違和感に感じていてことがあったのですが

少し気付きに近づいた気がするので

書いてみます。

 

 

「パワフルに今を生きている人」って、

過去を振り返ることにものすごく抵抗を表現されます。

「過去を振り返ることは無駄だ、意味のないことだ」

ある方のブログ?か動画で見かけたり

友人からもそんな感覚を感じたりしました。

 

 

私は過去を振り返ることは

「その時の私が感じなかったことを

改めて感じ直すことで得る気付き(新しい視点)から、

その過去の出来事をポジティブに捉え直す(自分にとって必要な出来事だった、という感謝を感じる)機会」と感じています。

過去を浄化する…というイメージです。

 

 

今、エイブラハムの動画を観ていて

まさにエイブラハムが「過去のことを語る質問者」に対し

強く伝えていました。

 

 


エイブラハム⭐️プラグイン8・(2/2)自分のアートでお金を得るには?⭐️イタリアローマ2016シリーズ~

 

 

 

過去世を語り、問題を掘り起こすことは滑稽だ、と一刀両断。

過去を語ることは気分が良くない

(この質問者の話は確かにネガティブだけど💦)

そんな会話にいつまでも付き合えない と。

(まぁ、確かに💦)

 

 

「今」にどれだけ焦点を当て、楽しんでいるか、

創造のロケットを打ち上げ、くつろいでいるか、を語りたい

 

 

そんなニュアンスが感じられました。

 

 

過去を語ることがその語り主にとって

心地よいことでないのなら

確かに口にしない方がいい(気分悪いだろうから)。

それが例え「目の前の誰かを励ますための事柄」だとしても。

 

 

夢を幸せそうに語る人

今を生きる喜びを語る人と

私も親しくしていたい、ですもん✨

 

 

パワフルに今を生きる人って

常に「今」にフォーカスしてるから

悲しみや悔しさや嫌なことって

「今」十分に味わい尽くして

先(未来)にまで持ち越さないんですよね。

 

 

だから、過去「今を味わわなかった人」って

だらだらと味わい続けようとしてしまう、

…味のなくなったガムを食べ続けるように。

 

 

「新しいガム、食べたくない?」

…あれ?ブルゾン降臨?(笑)

けど、ホントにそう!

 

 

これも好みなんだと思います。

「経験をだらだら味わい続ける(過去にこだわる)」のか、

さくっと切り替えて「今を生きる」のか。

 

  

そう、きっと

これが、覚悟するってことなんだと思う✨

「今、決める」ってこと。

  

 

それって決して「全てをポジティブに捉えましょ~」って

言ってるわけではないですよ。

 

 

感じたその感情を

悲しい!

悔しい!

辛い!

嫌だ!を「今、味わい尽くす」

で、「その感情を味わうことに飽きるまで」味わいつくす。

 

 

すると、「こんな風になるのは嫌だ=逆のことになって欲しい✨」っていう

本当の望みが見えてくる。

 

 

ネガティブなことってそれを知るために起こることなんですよね。

「味わい尽くす」ことをその時にやりきらないで

無理矢理ポジティブ変換したり

無理矢理忘れようとするから

ふとした時(気持ちが弱っている時)に

またその時の感情を味わい直すことになる。

 

 

もう辞めましょ、そーいうの✨

あ、もちろんそうしたいのならご自由にどうぞ♡←いじわる(笑)

 

 

(※過去に味わってこなかった人はもしかしたら少し過去を味わい直すこともしてみてもいいのかも?それでその時のことを浄化できるなら。けど…うん、やっぱり好みって感じだと思うなぁ~。事実、過去を振り返らずに今だけフォーカスしまくってめちゃめちゃうまくいってる人もいらっしゃいますもんねぇ~(その人は「訓練した」っておっしゃってました))

 

 

 

 

未来を変えたいのなら

今を変えないと、変わるわけないですよね(*´ー`*) 

今、覚悟を決めちゃいましょう、変わった✨って。