宙(そら)から私をよむ~出生天空図から自分らしさを知るブログ~

宙よみ(西洋占星術ジオセントリック・ヘリオセントリック双方の視点)から、あなた自身を知り、今をクリエイトしていくヒントをお知らせしています。

【vol.2:運命の人との出逢い】私たちはいつから女性性の目覚めを促されていたのか?

こちらの続きです。

dowsorayomi.hatenablog.com

 

 

今列挙しているこれらのキーワードを、ひとまずサラッと調べてみました。
以下すべてウィキペディアから私が気になったワードを抜粋しています。

 


瀬織津姫瀬織津姫 - Wikipedia

瀬織津姫は水神、祓神、瀧神、川神(つまり、水を司る女神

伊勢神宮内宮別宮荒祭宮の祭神の別名(が瀬織津姫

・「ホツマツタエ」では向津姫と同一神とし、天照大神の皇后とし、ある時は天照大神の名代として活躍されたと記される

ニギハヤヒノミコトとの関連もあると言われる

天照大神の荒御魂(神の荒々しい側面、新しい事象や物体を生み出すエネルギー)とされることもある(てことは、天照大神の対の女性性?)

廣田神社兵庫県西宮市)は天照大神荒御魂を主祭神としているが、戦前の由緒書きには瀬織津姫主祭神とすることが明記されていた。

気仙沼市唐桑町瀬織津姫神社、熊野神社などが鎮座したが、東日本大震災津波により流されたが、現在は再建している

 

 

天照大神天照大神 - Wikipedia

・皇室の祖神で日本人の総氏神

天照大神は太陽神 ※女神説、男神説、どちらもある
イザナギを陽神(をかみ)、イザナミを陰神(めかみ)と呼び、男神は陽で、女神は陰となされている。太陽神である天照大御神は、男神であったとされる説)

・「日本書紀」において、「古事記」のように禊にて伊弉諾尊の眼を洗った時、天照大神が生まれている。

この時右目からは月読命が生まれている(天照大神太陽神)に対し、読命)

 

 

マグダラのマリアマグダラのマリア - Wikipedia

・イエスに従った女性

香油の入った壺を持つ姿を描かれている

・イエスの死と復活を見届ける証人であるとともに、西方教会では男性原理を重視し
組織形成していたため、教義上「懺悔した罪深い女」としたが、東方教会では「罪深い女」と同一視してこなかった。

 

 

 


「龍(紅龍)」壱岐はそれらに関連するキーワードだったり、舞台だったり。

 

 

で、瀬織津姫は本来、主祭神であったが、戦後天照大神の影に隠されていた? 

今その目覚めの時を迎えている?

 

 

実は、昨年大人気だった「君の名は」にも

瀬織津姫という言葉が出てくるんだそうで(観たけど覚えていなかった💦)

こちらのブログにそのことが書かれていました

他にも何人かの方が書かれているのでもし興味ある方は「瀬織津姫 君の名は」で検索してみてください。

 

こちらのブログにはさらに「イエス・キリストマグダラのマリア」についても書かれてありますね。)

tenkataihei.xxxblog.jp

 

 

これまで調べ、感じていているのは

女性性の目覚めとは、

運命の人との出逢い

母性の目覚め(自覚)

両視点があるように思います。